タイヤ交換

オドメータが64,000kmを超え、うっすら雪が積もった日の上り坂でお尻を振ることが数回あったので、まだスリップサインまではもうちょっとあるけれど、タイヤを交換することにした。

最初から履いているタイヤ、YOKOHAMA ADVAN Sport V105には良い印象が少しも無かった。一番気になっていたのが雨の日のカーブした下り坂の橋のつなぎ目の鉄板の上での横滑り。NDを買った当初から、NBで履いていたHANKOOKのOPTIMO H426(それも結構すり減ったもの)よりも格段に滑っていた。雨の日のことなんて考えていないでしょ?…という感じ。

今回選んだのはMichelin Energy saver plus。以前、我が家にあったNoteで履いたこともあるし、ウエットグリップ性能がbであることも高ポイント。加えて、バイクで履いているPILOT ROAD4に絶大な信頼を置いているのもあって、Michelin以外は全く検討せず。Energy saver plusの195/50R16サイズはADVANと同じ84Vは無く、88V Extra Loadになる。

Webで価格を調べてから、休みの日にYellow HatとJmsに行って見積もりをしてもらったら、両方とも工賃など込みで9万5千円程度と、予想をはるかに超える高さ。
あまりに高いので、NBの時にもお世話になった浜北のタイヤ屋さんにも寄って見積もってもらうと8万3千円ほど。それでも予想を超えていたので、家に戻って再検討することに。

自宅でそのタイヤ屋さんのWebを見てみると「ネットや他店で購入されたタイヤの交換もいたします」の表示が。さらにメールで聞いてみると「通販のお届け先をそのタイヤ屋さんにしても良い」とのことだったので、すっかり甘えさせてもらい通販で買うことに決定。

1本あたり12,850円 x 4で51,400円。それに工賃(とバルブ交換)で12,744円がかかり、しめて64,144円。Yellow HatやJmsより約3万円安! 発注したのは1月29日。1月30日にタイヤが届いたとの連絡があり、31日に会社帰りに立ち寄って交換してもらった。

帰り道、やけに硬い印象があったので、後で空気圧を見てみたら無茶苦茶高くなっていた。Extra Loadの場合、通常のタイヤより高めの空気圧になるのだが、84Vで指定空気圧の200kPaの場合、負荷能力が450kgなので、88Vで450kgになる空気圧を調べてみると220kPa。大体通常の1割り増しと考えれば良さそう。
タイヤを替えたばかりの場合は、ホイールに馴染むまでは少し高めの方がいいと思うので、250kPaにした。その場合の負荷能力は495kg。

空気圧を調整する前でも80km/hオーバーの速度で、今までと全く違う安心感があったが、空気圧を調整した後はまだ走っていないので、どう変わったかちょっと楽しみ。

V105はTread Wear 280で6,4000km持ったが、今回のEnergy saver plusのTread Wearは400。一体、どのくらい長持ちしてくれるのだろう…

Posted in 整備 | Leave a comment