パワーウィンドー復活

助手席のパワーウィンドーが途中から下がらなくなったのに対処するため、バイクでカインズホームに行ってCRC シリコンスプレーを買ってきた。420mlで398円。

家に戻り、まずは助手席のパワーウィンドーを下げてみる。と、何の問題も無く下まで下がった。えっ…と思いながらも、もう一度上まで上げて再び下げてみる。すると3割程度下がったところで止まる症状が再現。1回目はバッテリーの根性が有って下まで下がっていたと思われる。

その状態で、このページの『どうする? その2』にあるコの字型のゴムとガラスの隙間にシリコンスプレーを数秒間吹き付けてみる。それで良いかと思ってパワーウィンドーを上げ下げしてみても、やっぱり止まってしまう。シリコンスプレーを吹き付けるのを2-3回繰り返しても変化無し。

仕方が無いのでエンジンをかけ、パワーウィンドーを一番下まで下げる。エンジンを止めシリコンスプレーを5秒程度吹き付けてみた。それから上げ下げをやってみると、スムースに動く! 要するにコの字型のゴムの下の方で抵抗が大きくなっていた様子。念のためもう一回シリコンスプレーを吹き付けて、ガラスに付いた油分をウエスで拭き取る。ついでに運転席側にも吹き付けて作業完了。

あとは、走行中に落ちてきた(幌の中央前部の手をかける部分の内部の)ビスをしっかりとドライバーでねじ込んで今日の整備は終了。

(2011.09.01追記)
今日通勤途中で助手席のパワーウィンドーを下げてみたら、また途中で止まってしまう症状が再発した。
こちらの記事を参考にして、内張りを外し、グリースアップしないとダメかなぁ? それともディーラーに行くべきか?

This entry was posted in 整備. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

12 + eighteen =

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.